• ホーム
  • 男女別・ダイエットで痩せたいと感じる部位

男女別・ダイエットで痩せたいと感じる部位

薬を飲んでいる男性

ダイエットで痩せたい部位を男女別に見ていきます。
まず女性は、筋肉がつきにくく皮下脂肪がつきやすい傾向があります。
痩せたいと感じる部位をランキング形式で見ていくと、1位がウェスト、2位が太もも、3位が顔でした。

一方男性は筋肉がつきやすく内臓脂肪がつきやすい傾向があります。
男性の場合にも痩せたい部位の1位はウェスト、2位が太もも、3位がお尻でした。
女性の場合は二の腕や太ももに皮下脂肪がつきやすいので、そこを改善したいという声も聞かれます。
男性は皮下脂肪がつきやすい部位が異なり、胸部・腹部・背中につきやすいです。

そのため、中年男性ではベルトを締めるとお腹がのってしまうなどの悩みを抱える人も多いようです。
女性が細くありたいとダイエットに励むのは今に始まったことではありませんが、今では男性でもメンズエステに通ってダイエットに励む人もいます。
健康的にダイエットすることで、健康になりたい、もてたい、仕事で有利になりたい、などの気持ちもあるようです。
男性の場合には外側に目立った皮下脂肪がつきにくい半面、見えない場所につく内臓脂肪がつきやすいです。

皮下脂肪による見た目の問題よりも、内臓脂肪によるメタボリックシンドロームからくる健康被害にまず気をつける必要があります。
メタボリックシンドロームの人に多いのが、味付けの多い食事を好むというところです。
塩分を過剰に摂取すると、体に水分が滞りやすくなります。
病的にむくんでしまう場合には、ラシックスなどの利尿剤を使い治療する必要があります。
ラシックスは輸入代行業者を通せば個人輸入も可能です。
また、治療に必要と診断されれば医師から処方を受けられることもあります。
ラシックスに頼る前に、まずは自分で塩分を少なくしたり、水分代謝を良くするような生活に切り替えてみることが大切です。

関連記事
人気記事一覧